« カメラレンズ画像のハロ取りに難儀 | トップページ | 室戸岬から見た 足摺岬に沈む太陽 »

2009年12月 9日 (水)

R200SSでエリダヌス座の銀河  12/8

秋の銀河を撮ってみました・・明け方の春の銀河は月明かりで無理なので 月の出まで季節外れの銀河で練習です。天気が下り坂なので 気流が少しはマシかと思ったのですが・・撮れた星はボケボケ ガイド星もフラフラしていました。

撮影地の気温は3℃でほぼ無風だったので 機材が夜露でびしょ濡れでした。カメラに電源供給するアダプターを忘れたのでカメラのバッテリーを使いましたが 純正品が互換バッテリーより持ちが良かったです・・低温では安いのはそれなりの性能なのかなぁ?

Ngc1232_r200ss_4x10min

オリオン座の南西にあるエリダヌス座には多数の銀河がありますが 大きくて写しやすい渦巻銀河NGC1232です。太陽系のある天の川銀河も 遠くから見るとこんな形してるのかな? 

2009/12/8  20h55mから10分露光4枚合成 R200SS+コマコレクター3  EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+AGS-1  半自作60mmガイド鏡+QcamS7500  GAGP1によるオートガイド 阿南市福井町にて

Ngc1232_r200ss_4x10min_tr

等倍で切り出したNGC1232です。南天やや低い天体の為か 星が大気のプリズム効果で色が分散していたので RGB三色分解合成で分散を低減しました。

Ngc1637_r200ss_6x10min 

こちらもエリダヌス座のNGC1637です。焦点距離800ミリでは詳細は分かりませんね・・気流が悪かったので長焦点は無理そうでした。南天で赤道に近い為か 6枚撮影中2枚に静止衛星?が写り込み 1枚は銀河中心核を見事に通過してくれました・・画像処理のσクリップで消しましたが 赤道付近はほんまに衛星がいろいろ写って悩ませてくれますcoldsweats01

2009/12/8  22h22mから10分露光6枚合成 他のデータはNGC1232と同じです。等倍で切り出してます。

 

« カメラレンズ画像のハロ取りに難儀 | トップページ | 室戸岬から見た 足摺岬に沈む太陽 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
エリダヌス座にも銀河があるのですね。
銀河はあまり狙わないので知りませんでした。
衛星の軌跡が消せるのは驚きです。飛行機の軌跡も消せるのでしょうか?

てげてげさん、こんにちは。
天の川にどっぷり浸かってる星座以外は、けっこう系外銀河があるようですので、R200SSで撮って面白そうな対象もありそうです。
衛星の軌跡はスラテイメージでコンポジット時、「範囲外の値を除外」の範囲を3σから小さくしていって、2σで軌跡が概ね消えました。
でも、もっと強調するとうっすら線が残ってるのが分かるので、完璧に消すには飛行機等の軌跡が写っていない画像と比較暗合成したほうがいいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラレンズ画像のハロ取りに難儀 | トップページ | 室戸岬から見た 足摺岬に沈む太陽 »