« 小型ガイド鏡でR200SSをガイド | トップページ | おおぐま座の銀河 NGC3359 »

2009年12月20日 (日)

R200SSで散開星団 

20日未明は透明度が悪くて雲の通過もありましたが、途中まで晴れてたので散開星団を撮ってみました。

M36 

M37

M38

Ngc2266

上から順に ぎょしゃ座の散開星団M36 M37 M38で 一番下はふたご座のNGC2266です。5分露光4枚合成の簡単処理でトリミングなしです。ダークもフラットも撮らず 前日のフラットとダークを使いまわしましたが 透明度が悪い空ではナトリウムランプの影響かバックのオレンジ色が強くなり 前日のフラットでは合いません・・強調するとバレバレですねcoldsweats01。どれも雲の通過がありましたが GAGP1はガイド星を見失うとガイド停止してモータードライブの恒星時駆動にゆだねるので便利です。NGC2266の終了間際から空いちめんの曇りになったので終了しました。

フラットは面倒でもちゃんと撮らないと駄目ですねぇ。自分がフラット撮りに使ってるレジ袋は 明るい白い点光源を袋で透かして見て 色が変わらずに均等にボケてくれる物を使っています。色が赤っぽくなったり 芯があるボケ方をする袋は駄目ですね。

« 小型ガイド鏡でR200SSをガイド | トップページ | おおぐま座の銀河 NGC3359 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小型ガイド鏡でR200SSをガイド | トップページ | おおぐま座の銀河 NGC3359 »