« 150mm反射LN6Eで月撮り 10/28 月齢10 | トップページ | レーザーコリメーター自作 10/31 »

2009年10月30日 (金)

10/29の月 月齢11

前日に続いて 懲りもせず月を撮ってみました。

Ln6e_1_3

1枚撮り2コマモザイクの月です。シャープフィルターでの簡単処理。

Ln6e_8

こちらは8枚を合成した後 画像復元。むちゃくちゃ手間かかりました。でも・・・

Ln6e_1_tr

等倍切り出しでも 1枚撮りは何とか見られる解像度ですが

Ln6e_8_tr   

時間かかった画像復元処理画像はボケボケ・・大失敗でしたcoldsweats01 月はやっぱり難しいです。

2009/10/29  21h15m-  露光1/10s  アストロ光学LN6E(D150mm f 1300mm)  + 2倍テレコン + EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-100  旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

« 150mm反射LN6Eで月撮り 10/28 月齢10 | トップページ | レーザーコリメーター自作 10/31 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
天体写真を始めたころは月ばかり撮ってたのですが、最近は月食や日食じゃないと月なんて撮らなくなってしまいました。C11も手に入れたので、強拡大でもやってみようかなと思います。
手を出したことはないのですが、画像復元処理は難しそうですね。

夕方きれいに晴れていたので、ベランダから木星と月を狙ってみようと思ってたのですが、曇られてしまいました。

てげてげさん、おはようございます。
月はいろんな手法で撮っても、それなりに写って面白いです。でも、光学系の限界まで極めるのが難しい・・やりがいはありますが。

画像復元処理は、惑星や小さい星雲にすごく効果があると思います。月や惑星画像で復元処理する場合、ステライメージのPSF半径とノイズや最大繰り返し回数などのパラメータを最適化するのが難しいですが、元画像からトリミングした小さい画像で試したら、最近の高速なPCなら試行錯誤でも短時間で処理できます。
惑星状星雲などの場合は、写っている恒星を幾つか囲んでサンプリングしたら、ステライメージが自動的にPSF半径を計算してくれるので便利です。復元が決まると、スターシャープなどと違って星雲もシャープになるので面白いですよ。ぜひ試してみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 150mm反射LN6Eで月撮り 10/28 月齢10 | トップページ | レーザーコリメーター自作 10/31 »