« ファミスコ60Sを改造 | トップページ | 短焦点ガイド鏡でR200SS+エクステンダーをガイド 10/16 »

2009年10月14日 (水)

月の満ち欠け 10/12日 

下弦過ぎの月を 小望遠鏡とカメラ三脚でお気楽撮影して 1時間間隔で5コマのGIFアニメにしてみました。1コマ目は月の高度が30度弱 最後のコマは高度70度強で南中間近です。

Mn091012_p75edhf

2009/10/12  1h50mから1時間間隔の5コマをアニメ化 露光1/60s  ペンタックス75EDHF+1.4倍リアコンバーター+EOS KissDX ISO-400 カメラ三脚での固定撮影 ミラーアップ使用

わずか4時間ですが 新月に向かって細くなってゆく月がかろうじて分かります。色調も低空の赤みの強い色から 高度が上がるにつれて赤みが消えてゆくのが見て取れますね。よーく見ると 見かけの大きさが だんだんと大きくなっているのが写ってます。

月の出は大きく見えますが 実は高く昇って南中した時が大きいのですね。ちなみにこの画像の最初のコマと最後のコマでは 地球中心と月中心との距離はほとんど変わりませんが(ほぼ37万キロ) 観測地(地球表面ですね)と月の距離は36万6千9百キロから36万3千7百キロと 地球の自転で3千キロほど近くなってます(ステラナビゲーター調べ)。

« ファミスコ60Sを改造 | トップページ | 短焦点ガイド鏡でR200SS+エクステンダーをガイド 10/16 »

天文」カテゴリの記事

コメント

アニメーションにすると満ち欠けの様子がよくわかりますね。面白いアイデアだと思います。
ToUCAMが新しいノートPCでは使えなかったので、何かいいwebカメラがないか探しています。お勧めはありませんか?ビデオカメラの方がいいのでしょうか?

てげてげさん、こんばんは。
星の画像が撮れてないので、困った時の月画像です。

webカメラですか。惑星撮りですかね。
IEEE1394カメラがよさげですねぇ・・持ってないので
使用感が

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファミスコ60Sを改造 | トップページ | 短焦点ガイド鏡でR200SS+エクステンダーをガイド 10/16 »