« タムロンSP350mmレンズのゴースト | トップページ | 大川原高原での天の川 9/20 »

2009年9月23日 (水)

近場でアンドロメダ銀河とスバル 9/20

20日は透明度が良かったので 阿南市福井町へプチ遠征しました。強風でガイド乱れ頻発でしたが 焦点距離400ミリと180ミリのレンズと短焦点なのであまり影響なかったかも?気温は20度とやや高めでノイズは多め。

M31とM45を10分露光8枚程度写して強調したんですが まだまだ枚数不足でムラムラの下手くそ画像の出来上がりでした。ひとつの対象にじっくり時間かけて撮るより あれこれ目移りしていろいろ撮ってみたい性格なので 不細工な画像ばかり量産してしまいます ちょっと反省 でも直りませ~んcoldsweats01

M31_sp180mmf4_9x10min

まずはタムロンSP180ミリでのアンドロメダ銀河です。2009/9/20  0h20mから15分露光1枚と10分露光8枚を合成 タムロンSP180mmF2.5(円形絞りF4)EOS Kiss DX改 ISO-800  ビクセン旧アトラクス+AGS-1  自作45ミリガイド鏡+QcamS7500  GAGP1オートガイド 阿南市福井町にて

M45_sp180mmf4_8x10min_s

続いてM45プレアデス星団とそれにまとわりつく星雲です。M45の高度が上がるにつれ 色調がだんだん変わっていくので フラットが1セットでは合いません。高度別フラット画像が要るかも。 2009/9/20  2h22mから10分露光8枚合成 SP180mmF4

M31_100sduf_8x10min   

タムロンレンズと並列のペンタックス100SDUFでのM31です。構図ミスで銀河の端がはみでてるかも。 2009/9/20  0h43mから10分露光8枚合成 ペンタックス100SDUF+EOS REBEL XTi改  ISO-800  ビクセン旧アトラクス+AGS-1  自作45ミリガイド鏡+QcamS7500  GAGP1オートガイド

M45_100sduf_8x10min

同じく100SDUFでのスバルです。総露光が短いのに(自分にとっては これでも十分長いつもりですが)無理矢理強調したので ノイズだらけ ムラムラだらけの駄目画像でした~。二兎を追う者は一兎をも得ず ですかねcoldsweats01

2009/9/20  2h22mから10分露光8枚合成   

   

« タムロンSP350mmレンズのゴースト | トップページ | 大川原高原での天の川 9/20 »

天文」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。

M31は腕が濃く写っていてダイナミックですし、M45は周辺の淡い部分も大変良く写っていると思います。
私もそうですが、早くいろんな物を撮りたいと思ってしまいますが、あまり撮ると気がつくと取り尽くして撮る物がなくなっていたりします。

撮影地の福井はひょっとして美波町との町境の所でしょうか。もしそうでしたら結構山の中だと思ったのですが、意外と光害が有ったりするのですね。

そういえば今度のNHKの朝の連ドラは美波町が舞台ですね。

コメントありがとうございます、カムイミンダラさん。
あれこれ手を出してると、前に撮った対象を何度も撮ったりしてマンネリ化しそうですね。

撮影地は美波町まで数キロの地点で、国道55号線から少し西に外れた道路脇で、山に囲まれてるので視界は狭いです。西は美波町と同程度の空の暗さですが、他の方向はやや明るいですね。

NHK朝ドラ舞台の美波町は、秋から冬の晴天率と透明度が平地では良い方なので、星の撮影はこれからがベストシーズンになります。

ポンコツじじいさん、こんばんは。
さすがに400mmとなると、M31は迫力がありますね。

フラットは、自分は対象毎に撮ってます。わりと空の暗いところで撮影することが多いですが、向ける方向によって夜空の暗さが微妙に違うのではないかと思うからです。思い違いかもしれませんが。。。

てげてげさん、こんばんは。

400ミリの焦点距離は気流の影響が少なくていいですが、SDUFは色収差が多いのが悩みのたねです。
安上がりにまあまあの画像を得るにはやっぱり反射かなーと。

フラットって難しいですね。まわりの光環境も難題ですし、ゴミ袋にしても一見同じように見えても使えるモノ使えないモノがあって奧が深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タムロンSP350mmレンズのゴースト | トップページ | 大川原高原での天の川 9/20 »