« 8/8未明の木星と月 | トップページ | R200SSを手動ガイドで星撮り C/2006 W3 NGC7293 »

2009年8月13日 (木)

徳島平野の夜景

11日の晩は徳島市の南西にそびえる大川原高原でペルセ流星でも見るつもりでしたが 雲が多くて流星は難しそうでした。それに風力発電機が林立してブンブンうるさいのが気になりました。ただ 標高900メートルでもけっこう涼しくて下界に降りるのがもったいない気もしましたが 徳島平野の夜景だけ撮って早々に退散しました。

今は晴れてるので1日ずらせば良かったと反省。今は自宅に居るので 晴れても蚊に刺されながら流星を待つのは辛いのでペルセ流星群の観測はパスです。

Ookawara

大川原高原から北方向の夜景です。暗部を持ち上げてるので肉眼ではこの画像よりずっと暗く感じます。徳島市のシンボル 眉山の向こうに淡路島のシルエットがうっすら写っているようです。さらに画面左上には播磨灘ごしの街明かりが見えてるようですね。意外と遠方まで見えてるのに驚きました。大雨後で空気が澄んでるのかも。

8/13 追記: 13日未明は 久しぶりにアストロLN6Eで月の撮影するつもりでしたが ゆらゆらで駄目だったので 薄明と月明かりの下ペルセウス流星目当てでカシオペヤ座を20分間連写してみました。標準画角のレンズなので どうせ写らないだろうとタカくくってたら 偶然にも1つだけ写っていました。狭い視野に流星が飛び込んでくれるとは ペルセ群恐るべしですねぇ!

090813_4h07m28s_fa35mmf2

2009/8/13  04h07m28sから30s露光 EOS REBEL XTi改 ISO-400  ペンタックスFA35mmF2開放  五藤マークX赤道儀 恒星時駆動 自宅にて  流星が写った時刻は部屋に戻っていたので肉眼では見てませんcoldsweats01

途中 肉眼でも0等級と2等級の流星が飛ぶのが見えましたよ 写野外でしたが・・

« 8/8未明の木星と月 | トップページ | R200SSを手動ガイドで星撮り C/2006 W3 NGC7293 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8/8未明の木星と月 | トップページ | R200SSを手動ガイドで星撮り C/2006 W3 NGC7293 »