« 近場で星撮り 8/17-18 美波町 | トップページ | 雲越しの木星と月 9/6 »

2009年8月27日 (木)

8/25 近場で星撮り 100SDUF vs SP350mm

このところ晴れ予報でも雲が多い天気で星撮り日和になりませんが 似た焦点距離の屈折と反射の試写に行ってきました。

100sdufvssp350mm

下の鏡筒が100SDUF焦点距離400mm  右上がSP350mmF5.6ミラー望遠で 左上は自作ガイド鏡で焦点距離は160mm程です。

Sp350

SP350mmでの北アメリカ星雲です。F5.6と暗いので ISO-1600で撮っています。  2009/8/25  23h19mから10分露光2枚合成×2モザイク  タムロンSP350mmF5.6  EOS Kiss DX改 ISO-1600  ビクセン旧アトラクス 自作ガイド鏡+QcamS7500  GAGP1オートガイド 阿南市福井町にて

100sduf

100SDUFでの北アメリカ星雲です。F4とミラー望遠より明るいのでISO-800で撮っています。 時刻はSP350mmと同じです。  100SDUF+EOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-800  10分露光2枚合成×2モザイク

Sp350   

続いてSP350mmでの網状星雲です。時々薄雲が通過しましたが 被写体が暗くなるだけです。自宅なら雲は明るいので 写真がカブって使い物になりません。 2009/8/26  0h25mから10分露光2枚合成×2モザイク  SP350mmF5.6

100sduf   

100SDUFでの同じく網状星雲です。10分露光2枚合成×2モザイク 100SDUF

気温が18度程で8月にしては低く ノイズが少なくて助かりました。色収差はあるものの 明るさで有利な100SDUFの写りが ミラー望遠のSP350mmより一枚上手でした。SP350mmでもISOを800にして露光20分にすれば 今回ほどの差は無いかもしれません。手のひらサイズ望遠が意外に健闘といったところでしょうか。     

« 近場で星撮り 8/17-18 美波町 | トップページ | 雲越しの木星と月 9/6 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近場で星撮り 8/17-18 美波町 | トップページ | 雲越しの木星と月 9/6 »