« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

飛騨方面バスの旅 5/26

格安バスツアーで飛騨高山方面へ

Hida_1

Hida_2

合掌造り集落の白川郷

Hida_3

Hida_4

新穂高ロープウェイ

Hida_5

山を挟んで反対側の上高地 カッパ橋からの奥穂高

Hida_6

最後に高山の町並み

料理の味付けは今風でしたが 土産物食品の味付けが ちと濃いめでした。寒い地方なので 塩分高めの昔からの味を受け継いでるのかな? 風情のある町並みにマッチした味かも。 

    

2009年5月23日 (土)

R200SSで星撮り 美波町サンライン 5/23日

雨上がりの好天を期待してプチ遠征しましたが 湿度が高くて白っぽい空でした。天の川もスッキリとは見えない空ですが 平地の初夏では普通の透明度でしょう。撮影中 今回もホタルが飛んでいました。フクロウやホトトギスの鳴き声も聞こえ、季節を感じられました。帰宅途中 細い月が昇ってくるのが綺麗でした。

M17_hicon

いて座の散光星雲M17です。コントラスト強めバージョン

2009/5/23  0h44mから10分露光4枚合成 ビクセンR200SS+コマコレクター3 キヤノンEOS DIGITAL REBEL XTi改 ISO-800 ビクセン旧アトラクス+タカハシFC60+ロジクールQcamS7500  GAGP1によるオートガイド

M17

上画像のコントラスト普通バージョンです。

M17_tr

トリミング画像です

M16_hicon 

続いて M17の少し北 へび座のM16です。コントラスト強め

2009/5/23  1h43mから10分露光4枚合成  他データはM17と同じ

M16

コントラスト普通バージョンです。露光不足ですねぇ 透明度悪かったもんで・・coldsweats01 

M16_tr

トリミング画像です。ハッブル望遠鏡画像には足下にも及びませんねぇ。でも値段の割には頑張ってるつもりなんですが・・・

M27

おまけ画像は こぎつね座の惑星状星雲M27です。望遠鏡の向きが大幅に変わったのでピント合わせ直しするべきでしたが 薄明が迫っていたので省略したら 見事にピンぼけになってしまいました。

2009/5/23  2h48mから10分露光4枚合成

2009年5月20日 (水)

100SDUFで球状星団ほか  美波町サンライン 5/19日

やっとまともに晴れたので近場で星撮り。自作ガイド望遠鏡のテストも兼ねて美波町に行ってきました。

090519_22h30m_3x10min_ngc5139

ケンタウルルス座のオメガ星団NGC5139です。ガイド星が星団からかなり離れてるので大気差で星が流れてます。低空は難しいですね。

ガイド望遠鏡のファインダーでWEBカメラに星が楽に導入できました。南中前後ならアトラクスでノータッチ10分も可能ですが ガイドすると西や東の天体も安心ですね。 

2009/5/19  22h30mから10分露光3枚合成 ペンタックス100SDUF EOS DIGITAL REBEL XTi改造 ISO-800 旧アトラクス 自作ガイド望遠鏡+QcamS7500  GAGP1オートガイド

090519_23h32m_4x10min_m4

さそり座のアンタレス付近です。アンタレスの右下がM4で 右上の小さいのがNGC6144です。

2009/5/19  23h32mから10分露光4枚合成 トリミングなし

090520_0h46m_4x10min_m8_m20 

球状星団ではありませんが 夏の代表的天体 いて座の散光星雲M8とM20です。

2009/5/20  0h46mから10分露光4枚合成 トリミングなし

M8_m20_tr

上画像からのトリミング画像です。下が干潟星雲M8で 上が三裂星雲M20です。

090520_02h28m_3x10min_m22 

いて座のM22です。天の川の中心に近いので 球状星団の周りにも星がいっぱい。

2009/5/20  02h28mから10分露光3枚合成

090520_03h08m_3x10min_m13

最後は西に傾いたヘルクレス座のM13です。月明かりで空が明るくなってますが それでも夏の天の川がしっかり見えてます。田舎町の自宅でも 闇夜の最高条件でさえ到底拝めない空です。でも車で1時間も走れば 天の川がはっきり見える空が四国に残っているのはええもんです。

2009/5/20  03h08mから10分露光3枚合成

自作ガイド望遠鏡にファインダー追加

壊れた双眼鏡のレンズ利用超小型ガイド望遠鏡は WEBカメラにガイド星導入が難しくてほったらかしになっていました。で 超小型雲台と15ミリファインダーを付け やっと実用になりました。

G_scope_1

15ミリファインダーは昔懐かしいエイコー9センチ反射望遠鏡用で 雲台はカメラのホットシューにストロボを付ける部品です。大昔のガラクタですが 捨てずに持っていたら 思わぬところで役にたってくれました。

G_scope_2

ガイド望遠鏡とファインダー WEBカメラ合計でも500グラム程と軽いので 鏡筒バンドに親亀小亀方式で搭載します。

G_scope_3

ファインダーや雲台は 簡単にガイド望遠鏡から取り外せます。ガイド望遠鏡の焦点距離は200ミリにも満たない短焦点ですが WEBカメラのソフトでズーム機能を使えば 小型撮影鏡のガイドには十分かも。 

2009年5月13日 (水)

ネジの締めすぎにご注意

赤道儀でガイド撮影する時 プレートに望遠鏡とガイド鏡を載せてます。で プレートはアリミゾで固定するので マルカンボルトの穴にドライバーを入れて締め付けていました。強く固定できるので便利だと思っていました。ところが先日 力を入れすぎた様で アリミゾがポッキリ折れてしまいました。

Nezi

望遠鏡は載せてなかったので事なきを得ましたが・・ネジはほどほどの力で締めるべきですね・・・大馬鹿者ですcoldsweats01

落合峠から星撮り 4/29

月が沈んでからアンタレス付近のモザイク写真と広角レンズでの天の川を撮るのが楽しみですが 低空の霞が気になるのでどうなることやら。まずは月明かりの星空から。

090429_21h59m_m88_sp180f4_4x10min_t

暇つぶしに撮った おとめ座の銀河群です。画面下に銀河チェーンが写ってますが 180ミリ望遠レンズでは貧相な写りですなぁ。

2009/4/29  21h59mから10分露光4枚合成 タムロンSP180mmF2.5(円形絞りF4)  EOS DIGITAL REBEL XTi改造 ISO-800  ビクセン旧アトラクス ノータッチ

090429_22h56m_ngc5139_sp180f4

続いてケンタウルス座の球状星団NGC5139 オメガ星団です。カメラレンズのトリミングなしでも 特大星団なので星のつぶつぶに分離してます。

2009/4/29 22h56mから10分露光3枚合成  他は同上

090429_22h56m_ngc5139_sp180f4_tr

等倍トリミング画像はこれ。元画像は霞でバックが濃い茶色でした。

Sco_a_s Sco_b_s Sco_c_s Sco_d_s Sco_e_s Sco_f_s 

さそり座頭部のモザイク用に撮った10分露光2枚コンポの元画像がこれです。フラットはしてますが 傾斜被り等が残っているので それらを修正してからモザイク合成します。しっかし 強調前はアンタレス付近って地味な色乗りですねぇ・・・当たり前ですがcoldsweats01

090430_0h24m_antares_sp180mm_2x10m_

で 出来上がりがこれ。2枚コンポなので荒れてます。開放から使えるシャープなレンズがあるといいのですが・・

2009/4/30  0h24mから10分露光2枚合成を6組モザイク   タムロンSP180mmF2.5(円形絞りF4)  EOS DIGITAL REBEL XTi改造 ISO-800  ビクセン旧アトラクス ノータッチ

090430_2h47m_ginga_smc15f4_3x10m_x2    

最後はSMCタクマーレンズ15mmF3.5絞りF4での天の川ですが 春霞と露光不足にノリシロ多すぎの構図ミス。去年撮った別府峡での画像に全然及びません。透明度の良い真夏にでも撮り直したいですねぇ。

2009/4/30  2h47mから10分露光2枚合成を2組モザイク ペンタックスSMCタクマー15mmF3.5(絞りF4) EOS DIGITAL REBEL XTi改造 ISO-800  ビクセン旧アトラクス ノータッチ

追記: おとめ座の銀河群 天の川を差し換えました 5/13日  

75EDHFでISS撮り 5/13

ペンタックス75ミリ望遠鏡で国際宇宙ステーションISSを撮ってみました。マークX赤道儀の極軸を天に向け フリーストップ経緯台にして3センチファインダーでの追尾は思ったより楽でした。しかし撮れた画像は露光不足でカメラモニターは真っ黒に近く ISS撮影は失敗。現像で目一杯明るくしたけど 大幅な露光不足は救えませんでした。薄雲の影響もあったかな?

090513_19h22m_75edhf_iss

2009/5/13  19h22m 露光1/500秒の3コマをGIFアニメ化 ペンタックス75EDHF+2倍テレコン キヤノンEOS Kiss DX ISO-800 マークXを経緯台にして手動追尾

2009年5月 9日 (土)

アンタレス付近画像の再処理

月が明るくて星が撮れないので 落合峠で撮ったアンタレス付近の画像を再処理してみました。前回 あまり強調してない画像をモザイクしたら つなぎ目がめだったので 今回は強調した画像をフォトマージしました。少しはマシになったような気がします。なお 前回しなかったダーク引き画像でも比較しましたが ダーク処理した画像はノイズが多くて駄目画像でした。レジ袋フラット画像の露光時間をライトフレームと同じにしていた為 ダークを引きは やはり不要のようです。

090430_0h24m_antares_sp180mm_2x10m_

ついでに 去年EF50mmで撮った画像も再処理してみました

080504_01h10m_4x10min_ef50mm_f28 

焦点距離100ミリ程度のレンズでモザイクするのも面白いかも

2009年5月 5日 (火)

山歩き 5/4

自宅付近から見える花の多い山を散策してきました。行き先は伏せときますが・・

Tm1

Tm2

Tm3

Tm4

Tm5

Tm6

花も綺麗ですが、新緑もええね~。林の中は風も無くて快適かいてき。遊歩道歩きで少しは運動不足解消?

Tm7

Tm8

Tm9 

Tm10

まずまずきれいな色

Tm11

ちょっと色あせたかな

Tm12

アルビノは初めて見ました~。得した気分です。何かいいことないかな!

2009年5月 3日 (日)

徳島市椎宮神社のツツジ

各地でツツジが咲いてますが 徳島大学医学部近くの椎宮神社もツツジが見頃です。

Siinomiya_1

神社下の広場から

Siinomiya_2

石段横の参道から

Siinomiya_3

参道途中から 

落合峠の風景 4/29

落合峠は徳島県三好市の祖谷山系の最低鞍部にある見晴らしの良い峠で 標高は1520メートルで下界より春霞の影響が少ないので星撮りにはええ場所です。徳島市方面からは東みよし町(旧三加茂町)から県道44号線を南下します。数年前まで一部ダートがありましたが 今は全線舗装の1~1.5車線道路で峠まで行けます。

Ochiai_pass_1

峠の少し西のピークから見た東方面です。正面の山 3つのコブの左端が祖谷山系の最高峰 矢筈山1848mです。矢筈山からは 黒笠山や石堂山へ縦走できます。峠近くには駐車場や避難小屋があります。

Ochiai_pass_2

峠から西方面です。落禿や前烏帽子山を通って 烏帽子山や寒峰へ縦走できます。背丈の低い笹を縫うように気持ちのいい登山道が続きます。背の高い笹藪漕ぎも少しはありますが・・

Ochiai_pass_3

峠の少し西から見た 東から南のパノラマです。南には1800m級の山が連なりますが 直線距離で10キロあるので仰角は2度 ほぼ水平までOKです。この日は春霞の白っぽい空で 低空は特にかすんで少し残念な空でした。

Ochiai_pass_4

登山道にはショウジョウバカマが咲いていました。

Ochiai_pass_5

道脇には小さな池もありますが 好天続きでほとんど水がありません。

Ochiai_pass_6

峠の北斜面には雪が残っていました。

Ochiai_pass_7

落合峠付近は紅葉の名所で この画像は2000年秋の紅葉です。この頃はまだ銀塩フィルムカメラも使ってました。

Ochiai_pass_8

落合峠までの道中 車窓からこんな景色も見えました。フジ棚の整然とした藤の花もきれいですが 自然木に付いたフジの群生もいいもんですね。    

 

 

4/27 また曇られた~

プチ遠征しては曇られたので 三度目の正直めざして旧日和佐町のサンライン展望台へ懲りもせずですが・・・うーん 2度あることは3度あるでした~

090427_22h51m_sp180f4_m95m96m105

宵の口は晴れてたんですが・・・撮影準備完了になると お約束通りに雲や霞がちの空に。雲の切れ間にタムロンSP180mmF4で撮った しし座の銀河トリオM95M96M105です。

2009/4/27  22h51mから10分露光3枚合成 タムロンSP180mmF2.5(自作円形絞りF4) EOS DIGITAL REBEL XTi改造 ISO-800 旧アトラクス ノータッチ

090428_01h14m_sp180f4

待てど暮らせど空がよくならないのでフラットなど撮って時間つぶししてたんですが・・・スッキリ晴れません。で 雲間のアンタレス付近を撮ったんですが1枚撮っただけで雲にすっかり覆われアウト。寒気の流入で雲の切れ間に氷晶が飛んでるのか 輝星が変にボケてますなぁcoldsweats01

2009/4/28  01h14mから10分露光1枚のみ 他は同上

Genzou

ちなみに フォトショップの現像はこんなんでやってます。フラットフレーム ライトフレームとも同じ設定です。

 

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »