« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月24日 (金)

自己流フラット処理

デジカメ天体画像はRAWモードで撮っています。現像はフォトショップでしているので その後のフラットは16ビットTIFFでステライメージを使っています。

Flat_r

ライトフレーム撮影後 このレジ袋を筒先に被せてモータードライブを止める他はライトフレームとまったく同じように撮影します。レジ袋が撮影地近くの照明などで直接照らされる場合はフード等で光を遮るほうがいいかもしれません。

Flat

上段は EF300mmF4レンズ ISO-800で10分露光のおとめ座の銀河群です。薄雲の為か 肉眼で2等星程度しか見えない空でしたが・・。下段はフラットフレームです。露光はすべて10分ですが 画像の明るさがバラバラですね。

Flat_2

フォトショップで現像した画像です。現像のパラメータ等は ライトフレーム フラットフレームすべて同じです。上段の4枚をステライメージでコンポジットしてフラットフレーム出来上がり。

Img_9631flat_level

ライトフレームの1枚をステライメージでフラット処理した後 強調した画像です。

Img_9631_level 

フラット処理しないで強調するとこうなります。

Flat_3

等倍切り出しで 左がフラット無し 右がフラット済みの一枚画像です。フラットしたものでも 色むらは盛大にあります。ムラは固定パターンもあると思うので ムラを軽減するため 撮影時に1枚撮るごとに赤道儀の赤経や赤緯を少し動かしています。300ミリ望遠レンズなのにR200SSの800ミリの時と同じ感覚で動かしたので 移動量が小さすぎたようですね。

Otome_gingadan 

4枚フラット処理してコンポジットした画像です。空も腕も最低なので不細工な画像ですが・・・RAP2を買って処理したほうが遙かに良いのかも知れませんね。

 

2009年4月22日 (水)

ウェルカメの町 美波町で星撮り 4/21

いつもより少し足伸ばして美波町までプチ遠征。撮影地は南阿波サンラインと呼ばれてる海沿いの県道脇の展望台です。上天気になるかなと思ったら 次々に雲がやってきて10分と晴れが続きません。日付が変わるころから晴れ間が多くなったんですが それでも3時間粘って子持ち銀河M51を15分4枚撮り 薄明まで残り少ない時間で干潟星雲M8を10分5枚撮れました。

干潟星雲撮影後 筒先に白いレジ袋を被せて簡易フラットを4枚撮ったんですが 空がまだ暗くて露光時間が撮影時間より少し短い程度だったのでフラットとダークを兼ねる変なファイルが出来ました。青空でフラットとダークを別に取得するよりマシかも。 

090421_23h56m_r200ss_m51_4x15min_2

2009/4/21  23h56mから15分露光4枚合成  キヤノン EOS DIGITAL REBEL XTi改 ビクセンR200SS+コマコレクター3 ビクセン旧アトラクス+タカハシFC60+ロジクールQcamS7500  天文我楽苦多工房さんのGAGP1でオートガイド 徳島県美波町サンライン第三展望台にて

いくら粘っても北天は雲が時々通過して写りが悪いです。気流も悪いのか ガイド星が暴れ気味でした。

090422_02h55m_r200ss_m8_5x10min 

2009/4/22  2h55mから10分露光5枚合成 自動導入のまんまなので構図が悪いですねぇ 反省coldsweats01

南天は雲の通過が少なく人工光も少ないので 短時間露光でも北天の天体より写りが良さそうでした。でも高い山からなら もっと写りやすいかも。

2009年4月21日 (火)

国民年金保険料の納付書が2通来ました

4月1日付けの納付書で1年分前納したんですが 4月20日に2通目の納付書が郵便受けに入ってました。で 社会保険事務所に電話しまくったら やっと繋がって2通目のは破棄するようにとのことでした。

自分は年金記録記載漏れでドタバタ迷惑受けたので 社会保険庁や政府与党にはムッとしていますが 星の記事を見に来て下さった皆さんには関係ない愚痴記事ですみませんm(_ _)m

Nenkin

上が1通目 下が4月13日付の2通目です。個人情報欄にはモザイク入れましたcoldsweats01

2009年4月19日 (日)

4/18 R200SSで惑星状星雲

18日 自宅では春霞で空が白いので 近場の福井町にプチ遠征。R200SSとデジ一眼で惑星状星雲撮り。2時前に月の出ですが 輝度の高い星雲や星団は月明かりでも撮りやすいのでありがたいですねぇ。夜露対策をしてなかったので機材が濡れましたが ミラーはなんとか曇らずに助かりました。

Ngc4361_090418_23h55m_r200ss_2x5min

からす座の四辺形の中にあるNGC4361です。焦点距離800ミリでも何とか形や色が写って面白そうな対象ですねぇ。

2009/4/18  23h55mから5分露光2枚合成 キヤノンEOS REBEL XTi改 ISO-800   ビクセン旧アトラクス+タカハシFC60+ロジクールQcamS7500 GAGP1でオートガイド

M97m108_090419_0h33m_r200ss_3x10m2x

おおぐま座のM97とM108です。2009/4/19 0h33mから10分露光3枚と15分露光2枚合成

しょり下手でバックがムラムラなので あんぶバッサリ捨てました。 

Ngc6543_090419_2h24m_r200ss_4x30sec  

りゅう座のNGC6543です。2009/4/19  2h24mから30秒を4枚合成

M57_090419_3h13m_r200ss_4x5min

こと座のM57です。2009/4/19  3h13mから5分露光4枚合成

M27_090419_03h36m_r200ss_4x5min

薄明前で最後は こぎつね座のM27 2009/4/19  3h36mから5分露光4枚合成

記事さくせいちゅうに キーボードこわれて1部手書き文字入力。うー不便ですー。かなわんにゃーcrying

 

2009年4月16日 (木)

4/15  春霞越しの土星と球状星団

雨上がりで午前はすっきりした青空でしたが 夕方から薄雲の通過でもあるようで 肉眼で3等星までしか見えない空になりました。で 相も変わらず土星 月明かりの球状星団を自宅から撮りました。気流も透明度も良くないので写りはさっぱりですが 星が撮れただけで良し まるもうけと致しましょう。

St090415_21h31m_l

ミューロン180+Or12mm+DCR-PC100のナイトショットで撮ったL画像です。21h31mから2分 シャッター1/15秒 透明度悪くて暗いのでちっこい土星になってしまいました。

St090415_21h34m_rgb

RGB画像です。 1/4秒 ゲイン6db 

St090415_21h31m_lrgb

しばらく土星と悪戦苦闘したけど ちっとも上達しませんねぇ 難しいもんですぅcoldsweats01

090416_0h11m_m3_r200ss_6x5min   

つづいてR200SS+コマコレクター3+EOS REBEL XTi改ISO400 で撮ったM3です。肉眼で2等星が見えてました。2009/4/16  0h11mから5分露光6枚合成 旧アトラクス+FC60+QcamS7500 GAGP1オートガイド  ガイド星がギリギリ暗かったので ガイド乱れで星が肥大してます。

090416_0h51m_ngc5466_r200ss_6x5min

M3の近くの球状星団NGC5466です。うすぐもと月明かりで1等星しか見えない空でした。なので まるで散開星団の様な情けない写りです。微光星が写れば 立派な球状星団ですが・・・。唯一救いは M3の時より明るいガイド星が使えたので星が流れなかった事です。

2009/4/16  0h51mから5分露光6枚合成

2009年4月10日 (金)

4/9の土星と満月

星雲星団は月明かりで厳しいので またまた土星撮り。DVカメラのナイトショット画像をモノクロ化し  ゲインを少し落として1/4秒のスローシャッターで撮ったカラー画像をステライメージでLRGB合成しました。以前の画像より少しは色が出てるような・・。まあ 依然として解像度が低くてまだまだ修行が足りませんが・・・

St090409_22h335m_mu180_or18_14s_lrg

2009/4/9  22h35m  μ180+Or18mm+DCR-PC100  マークX  

Mn090410_01h21m_105sdhf_x2

続いて満月 地球の影の南に月がいるので 月の北側がわずかに欠けてます。海の色が場所によって違いますが 山の色も同様に違いが見られまねぇ。

2009/4/10  01h21m 1/30s  105SDHF+2倍テレコン EOS Kiss DX ISO-100  マークX恒星時駆動 自宅にて

2009年4月 9日 (木)

FC60とDVカメラで土星&オマケ画像  4/8

連日の晴れで今日こそ落ち着いた気流かと思ったんですが なんと前日よりやや悪くなっていました。それでもR200SSとミューロン180でユラユラの土星を撮りました。

その後 中口径望遠鏡には厳しい気流でも FC60では十分なシーイングではと気を取り直して撮影です。FC60でボケてたら 気流のせいと言い訳出来ませんねぇ・・崖っぷち状態ですcoldsweats01

St090408_fc60_or9_c_s2500f

今日の主役 FC60の写りはどんなもんでしょう?

FC60+Or9mm+DCR-PC100  スローシャッター1/8秒 ゲイン最大 マークX恒星時駆動 レジスタックス5で約2500フレームスタック&ウェーブレット  ステライメージ6で最大エントロピー画像復元

St090408_r200ss_or18_c_s3000f 

続いてオマケ画像 FC60の前に撮った R200SS+エクステンダー+Or18mm+DCR-PC100での画像です。シャッターは1/15秒です。

St090408_mu180_or18_c_s3000f

ミューロン180での画像です。シャッターは1/8秒で 後は上画像と同じです。ミューロンがR200SSより惑星は良く見えると思ってるんですが 今日の画像はどちらも同じような写りですねぇ・・うーん・・R200SSが意外と高性能なのか ミューロン180のコンディションが悪いのか・・・

St090408_mu180_or18_n_s3000f

こちらもミューロンでの画像ですが DVカメラをナイトショットで撮っています。その為モノクロ画像ですが カラー撮影より感度が高いのか明るくノイズの少ない動画が撮れたので カラーよりややましな画像になりました。カラー画像の色で着色したらええ感じになるかも。DVカメラは3板式が色が綺麗に撮れていいでしょうねぇ。某所で3板式DVカメラのM42動画で星雲の色が写ってるのにはびっくらこきました。

2009年4月 8日 (水)

4/7の土星

春らしい陽気になって 土星もさぞよく見えると思ったら あらら 細かい揺れであきまへん。眼視では瞬間的に良く見えたような気がしてたんですが・・・

St090407

ミューロン180とハンディカムDCR-PC100で撮った土星は ボヤボヤでした~。土星を右に左に傾けた画像を合成して ノイズは減ったような気がしますが ゆらゆら気流には完敗です。

Mn090407

その後撮った月は 薄雲まで来てさらにボケボケ。撮ってる本人の脳ミソに似なくてもいいのに・・coldsweats01

2009年4月 7日 (火)

R200SSでM13 4/3

4月3日 R200SSで撮ったヘルクレス座の球状星団M13です。撮影後半は薄明にかかってます。

090403_03h59m_r200ss_m13

2009/4/3  03h59mから5分露光7枚合成 R200SS+コマコレクター3  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+FC60+QcamS7500 GAGP1オートガイド 自宅にて   

QcamS7500での月 4/2

1280x960で取り込んだ動画を処理してモザイクしてみました。レジスタックスで9点アライメントなどで処理に時間掛かった割には 出てきた画像はデジカメ1枚撮りに負けそうでした。いやはや 腕の悪さは何ともしがたいのかな。

Mn090402_mu180_qcam

ミューロン180 + QcamS7500  x4モザイク  2009/4/2

眉山 西部公園の桜 4/5

徳島市の代名詞のような眉山 その中腹にある西部公園の桜です。今年は開花してから気温が低い日が続いたので花が長持ちかな。

Seibu_p1

光っているのは吉野川 その向こうに讃岐山脈へと続く山並み。

Seibu_p2

宵の空には月が・・

2009年4月 3日 (金)

4/2の月 アストロLN6E+デジカメ編

春の宵の月は高度が高くて 切れ味のいい見え方の時があるのですが 4/2は正に好条件の日でした。で 15センチ反射LN6EとデジカメやWEBカメラで月を撮りまくりました。デジカメ撮影では 1300ミリの直焦点に1.5倍のテレコンと2倍テレコンを単独または重ねて撮り比べました。結果は2倍と1.5倍テレコン重ねが良かったのですが 画面端の色収差が気になるので 望遠鏡用のバローレンズの方がもっといいかも知れません。

Mn090402_ln6e_3900mm_s_0000

Mn090402_ln6e_3900mm_s_0001 

テレコン2段重ねで合成焦点距離3900ミリの画像3枚をフォトショップCS3のフォトマージでモザイク合成しました。画像が巨大すぎるので縮小して2分割しましたが 気流が良かった様子がお分かり頂けるかと思います。

メシエは低い角度で衝突したため 跳ね上がって2つのクレータが出来たのだったかな?面白いですね。

2009/4/2  20h04mから露光1/2秒 3枚モザイク アストロLN6E(D150mm f1300mm)+ペンタックス2倍テレコン+ケンコー1.5倍テレプラス EOS Kiss DX  ISO-100   旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Mn090402_ln6e_3900mm_tr

等倍トリミング画像です。神酒の海付近の小クレータが テレコン1段よりは写ってるようです。

Mn090402_ln6e_1950mm 

続いて1.5倍テレコンでの撮影。合成焦点距離1950ミリです。APS一眼にスッポリ月が収まりますが 解像度はテレコン2段重ねに及びません。

2009/4/2  20h42m露光1/10秒 アストロLN6E(D150mm f1300mm)+ケンコー1.5倍テレプラス EOS Kiss DX  ISO-100   

Mn090402_ln6e_1950mm_tr

等倍トリミング画像ですが テレコン2段重ねより解像度は低いようですね。   

4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100  

透明度の良い空に月が出てたので デジカメとWEBカメラで撮りました。まずまずの写りなのですが 処理に時間かかりそうなので 月の後撮った土星をアップします。

St090402_qcams7500

μ180直焦点とQcamS7500での土星です。640x480ピクセルでズームアップして取りこみましたが ビデオカメラ等には及びません。Qcamは木星など明るい対象がええようです。

St090402_dcrpc100

続いてソニーのミニDVカメラDCR-PC100の画像です。Or18ミリコリメートでデジタルズームとスローシャッターを使ってます。Qcamより解像度は良さそうですが これも元々感度低いのか 色があまり出てません。

どちらの画像も2分動画からレジスタックス5で処理してます。スタックは全フレームの1/3位です。

2009年4月 2日 (木)

自宅で星撮り ペンタックス105SDHF

105SDHFのF6.7という明るさは 彗星や星雲星団には暗く かといって月面にはもっとFの大きな望遠鏡に収差でかないません。昔は6X7フィルムカメラ用に活躍してくれましたが 今ではやや中途半端な望遠鏡になってしまい 使いどころが少なくなってます。

090401_3h21m_m13_105sdhf

ヘルクレス座の球状星団M13  2009/4/1  03h21mから10分露光1枚と8分露光6枚合成 105SDHF  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス  FC60+QcamS7500  GAGP1オートガイド 自宅にて

090401_19h12m_mn_105sdhf

西空高い月 月齢5.8 2009/4/1  19h12m 露光1/4秒 105SDHF+2倍リアコン+1.5倍テレプラス EOS KissDX ISO-100  マークX  自宅にて

2009年4月 1日 (水)

3/31の土星

ミューロン180と古い8ミリビデオカメラで土星を撮ってみました。雲が多くて撮影にモタモタしたので 日付が4/1になってしまいましたが 後でカメラを外してアイピース越しの土星はまずまずの見え味でした。

St090331_m180or12tr3000

2009/4/1  0h30m  タカハシμ180+ペンタックスOr12mm+ソニーCCD-TR3000(シャッター1/8秒 ゲイン12db) 2分余りの動画をレジスタックス5でクォリティー95%以上をスタック  自宅にて

高感度WEBカメラでも持ってればいいのですが QcamS7500は土星には感度不足で無理そうです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »