« 4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100   | トップページ | 眉山 西部公園の桜 4/5 »

2009年4月 3日 (金)

4/2の月 アストロLN6E+デジカメ編

春の宵の月は高度が高くて 切れ味のいい見え方の時があるのですが 4/2は正に好条件の日でした。で 15センチ反射LN6EとデジカメやWEBカメラで月を撮りまくりました。デジカメ撮影では 1300ミリの直焦点に1.5倍のテレコンと2倍テレコンを単独または重ねて撮り比べました。結果は2倍と1.5倍テレコン重ねが良かったのですが 画面端の色収差が気になるので 望遠鏡用のバローレンズの方がもっといいかも知れません。

Mn090402_ln6e_3900mm_s_0000

Mn090402_ln6e_3900mm_s_0001 

テレコン2段重ねで合成焦点距離3900ミリの画像3枚をフォトショップCS3のフォトマージでモザイク合成しました。画像が巨大すぎるので縮小して2分割しましたが 気流が良かった様子がお分かり頂けるかと思います。

メシエは低い角度で衝突したため 跳ね上がって2つのクレータが出来たのだったかな?面白いですね。

2009/4/2  20h04mから露光1/2秒 3枚モザイク アストロLN6E(D150mm f1300mm)+ペンタックス2倍テレコン+ケンコー1.5倍テレプラス EOS Kiss DX  ISO-100   旧アトラクス恒星時駆動 自宅にて

Mn090402_ln6e_3900mm_tr

等倍トリミング画像です。神酒の海付近の小クレータが テレコン1段よりは写ってるようです。

Mn090402_ln6e_1950mm 

続いて1.5倍テレコンでの撮影。合成焦点距離1950ミリです。APS一眼にスッポリ月が収まりますが 解像度はテレコン2段重ねに及びません。

2009/4/2  20h42m露光1/10秒 アストロLN6E(D150mm f1300mm)+ケンコー1.5倍テレプラス EOS Kiss DX  ISO-100   

Mn090402_ln6e_1950mm_tr

等倍トリミング画像ですが テレコン2段重ねより解像度は低いようですね。   

« 4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100   | トップページ | 眉山 西部公園の桜 4/5 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100   | トップページ | 眉山 西部公園の桜 4/5 »