« 3/31の土星 | トップページ | 4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100   »

2009年4月 2日 (木)

自宅で星撮り ペンタックス105SDHF

105SDHFのF6.7という明るさは 彗星や星雲星団には暗く かといって月面にはもっとFの大きな望遠鏡に収差でかないません。昔は6X7フィルムカメラ用に活躍してくれましたが 今ではやや中途半端な望遠鏡になってしまい 使いどころが少なくなってます。

090401_3h21m_m13_105sdhf

ヘルクレス座の球状星団M13  2009/4/1  03h21mから10分露光1枚と8分露光6枚合成 105SDHF  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス  FC60+QcamS7500  GAGP1オートガイド 自宅にて

090401_19h12m_mn_105sdhf

西空高い月 月齢5.8 2009/4/1  19h12m 露光1/4秒 105SDHF+2倍リアコン+1.5倍テレプラス EOS KissDX ISO-100  マークX  自宅にて

« 3/31の土星 | トップページ | 4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100   »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/31の土星 | トップページ | 4/2の土星 μ180+ QcamS7500 vs DCR-PC100   »