« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

瀬戸内プチ周回

我が軟弱軽自動車にETC車載器をつけたので 瀬戸内海沿いを周回。全線対面通行で大いにこわーい徳島自動車道 片側2車線の松山自動車道 今治の一般道経由で西瀬戸自動車道「しまなみ海道」へ。

Seto_petit_1

生口島の瀬戸田PAに駐車して 多々羅大橋を少し歩いてみる事に

Seto_petit_2

自動車道脇からパチリ。島の斜面は柑橘類の果樹園。歩道脇に無人販売所もありました。

Seto_petit_3

多々羅大橋は長大な斜張橋です。端まで歩いて往復すると時間がかかりそうなので 主塔付近までで引き返し。

Seto_petit_4

島々を渡って尾道駅前に到着。あちこち道草したので夕方になってしまいました。

Seto_petit_5   

駅舎で尾道ラーメンを食べて帰路に。山陽道から瀬戸大橋経由で帰ることに

Seto_petit_6

与島PAに着くころは日が暮れて真っ暗。岡山方面の夜景をパチリ

Seto_petit_7

香川方面の夜景もパチリ。何度か来たPAですが いままでで一番人出が多いような・・。高松自動車道では 板野IC手前9キロの地点から渋滞のオマケまであって疲れました。土日は当分混むかも。

2009年3月28日 (土)

自宅で星撮り タカハシμ180

3/26夕方は透明度が落ちて自宅から3等星しか見えませんが 良く晴れてるので連続撮影です。星が瞬いてるので長焦点に不向きな予感ですが ミューロン180の出番も作らねばcoldsweats01

090326_180_ngc2372

ふたご座の惑星状星雲NGC2372です。ドッグボーン星雲と呼ばれてますが 犬がくわえてる骨というより 船のスクリューかSF映画の宇宙船のようにも見えますなぁ。輝度が低いので 星雲両端の淡い部分が写りません。自宅からは厳しい惑星状星雲やね。

2009/3/26   21h19mから10分露光8枚合成 タカハシμ180+レデューサー合成焦点1760mm

EOS REBEL XTi  ISO-800  ビクセン旧アトラクス タカハシFC60+ロジクールQcamS7500  GAGP1オートガイド 自宅にて

090326_180_m97  

おおぐま座のM97ふくろう星雲です。これも淡くて自宅からは写りにくくて難儀です~

3/26  23h33mから10分2枚と15分4枚合成 

090327_180_m3

りょうけん座の球状星団M3です。F9.8の望遠鏡と小ピクセルのデジカメでは元からピンぼけ気味なのに 気流の影響でさらにピンぼけに磨きがかかってますthink 

3/27   1h28mから10分露光6枚合成

090327_180_m5

へび座の球状星団M5です。自宅からは屋根に掛かるので 手抜き撮影の2枚のみ

3/27  3h11mか10分露光2枚合成

090327_180_ic4593

ヘルクレス座の惑星状星雲IC4593です。視直径2分角につられて撮ったのですが 青いいびつな恒星状に写りました。周辺の淡い部分はめちゃくちゃ写りにくいんですねぇ。はるか未来の太陽? 惑星状星雲は色や形に個性があり どれも面白いですが きれいに撮るのは難しいですねぇ。今日のも難物ばかりでした~

3/27  3h49mから5分露光8枚合成 

 

2009年3月27日 (金)

自宅で星撮り ペンタックス75EDHF

3/26日は透明度が良く 自宅から4等星が見えてたので ペンタックス75EDHFで銀河を撮ってみました。75EDHFは 1986年のハレー彗星接近に備えて買ったタカハシMT200のガイド鏡として揃えたもので 最新望遠鏡より色収差はありますが 星や鳥がまずまずきれいに写ります。

090326_75edhf_m95m96m105_s

しし座の銀河群M95 M96 M105その他です。気流の悪い日本では500ミリの焦点距離は星がぼけずに写って気持ちええもんです。長焦点望遠鏡は 真価を生かせる日がなかなか無くて困ってしまいます。  

2009/3/26 0h46mから10分露光4枚合成 75EDHF F6.7 EOS REBEL XTi改 ISO-800  FC60+QcamS7500  GAGP1オートガイド 自宅にて

090326_75edhf_m65m66ngc3628_s

しし座のトリオM65 M66 NGC3628  3/26 1h44mから10分露光4枚合成

090326_75edhf_m63_s   

つづいて りょうけん座の ひまわり銀河M63です。大口径望遠鏡の迫力ある画像もいいけど 小望遠鏡の広角画像もええもんかも。まあ 大型機材を持ってない者の負け惜しみですが・・・coldsweats01

3/26  2h50mから10分露光8枚合成

2009年3月25日 (水)

3/24エスキモー星雲と 3/25内合の金星

3/24宵 星の瞬きが小さいので久しぶりにμ180を出して惑星状星雲や球状星団を撮るつもりでした。でも 最初のエスキモー星雲撮影中に曇ってしまい 消化不良で残念無念。

Ngc2392_mulon180_f1760mm

2009/3/24  22h32mから3分露光10枚合成 タカハシμ180+レデューサー(合成焦点1760mm)  EOS REBEL XTi改 ISO-800  ビクセン旧アトラクス FC60+QcamS7500  GAGP1オートガイド 自宅にて

Ngc2392_mulon180_tr

南を上にしての等倍トリミングです。撮影中に気流がどんどん悪くなってるようで 雲に覆われて終了の前は 星が瞬いてるのがはっきり分かるようになっていました。良い気流を逃さず捕らえるのは難しいですねぇ・・・ガックリ

で 翌日の金星の内合に備え 赤道儀は片づけずに置いてたんですが・・

Vn090325_jpg

強風で気流ボロボロ。スチル画像1ショットではヒモの様に細い金星が切れ切れです

Vn090325_avi

動画をレジスタックス5で処理しても どーにもなりませんでしたcoldsweats02  でもレジスタックス5は 大きなファイルでも処理できるのが実感出来て収穫でした~

2009/3/25  13h46mから2分の動画をクオリティー85%以上の約5百フレームスタック。 ペンタックス75EDHF+2倍リアコン+QcamS7500  旧アトラクスでの自動導入&恒星時駆動

2009年3月17日 (火)

3/16のC/2009E1板垣彗星と C/2007N3ルーリン彗星

黄砂が酷くて透明度最悪ですが 福井町に出かけて板垣彗星とルーリン彗星を撮りました。

090316_19h53m_c2009e1

板垣彗星は くじら座の頭付近で西に低いため 立木にさえぎられてしまいました。西が開けた場所を選ぶべきやね。 2009/3/16  19h53m 3分露光 ペンタックス100SDUF  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス ノータッチ  阿南市福井町にて

090316_20h13m_c2009e1

2009/3/16  20h23m 3分露光  低空なので黄砂の影響も大きいかも。

続いてルーリン彗星

090316_c2007n3_a

恒星基準で合成 左端にエスキモー星雲  2009/3/16  20h42mから5分露光5枚合成 機材等は板垣彗星と同じ

090316_c2007n3_b

上画像を彗星基準で合成

090316_c2007n3_c

同じく 中央値で合成

追記: 16日は黄砂などであまりに写り悪いので、翌17日も同じ場所で撮影しました。透明度がやや回復して冬の天の川が微かに見える空でした。090317_19h21mc2009e1

薄明終了前から撮り始めた板垣彗星です。左下枠は等倍切り出しです。 2009/3/17  19h21mから3分露光6枚を彗星基準で合成 ペンタックス100SDUF  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス ノータッチ 阿南市福井町にて

090317_19h59mc2007n3

続いてルーリン彗星。あまり変化もないので撮影はそろそろ終了かな?。画像はギンギンに強調しているので 普通に処理した物より彗星が大きくなってます。  2009/3/17  19h59mから5分露光5枚を彗星基準で合成。機材他データは同上

 

 

月夜の球状星団 3月15日

ルーリン彗星の後 自宅で球状星団を撮りました。月齢18の大きな月が出てますが かまわず撮影。星団ならいけるかと思ったんですが・・・中心部の明るい部分だけ小さく写って全然迫力なしですね~~shock

M53

かみのけ座のM53  2009/3/15  3h40mから3分露光4枚合成 ビクセンR200SS+コマコレクター3  EOS REBEL XTi改 ISO-400  ビクセン旧アトラクス タカハシFC60+ロジクールQcam S7500  GAGP1オートガイド 自宅にて

M3

りょうけん座のM3  3h59mから3分露光4枚合成   

M13

ヘルクレス座のM13  4h30mから3分露光4枚合成   

M92

ヘルクレス座のM92  4h47mから3分露光4枚合成   

Ngc6229

ヘルクレス座のNGC6229  5h06mから3分露光4枚合成  

2009年3月15日 (日)

3/14のルーリン彗星とエスキモー星雲

やっと晴れたので近場に出かけ 月の出までルーリン彗星撮り。彗星は ふたご座のエスキモー星雲の近くだったので R200SSでぎりぎりツーショットが撮れました。

090314_c2007n3_a

2009/3/14  20h38mから5分露光3枚合成 R200SS+コマコレクター3  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス FC60+QcamS7500 GAGP1オートガイド 阿南市福井町にて

露光オーバーですが 画面右の青い円がエスキモー星雲です。星雲が適正露光のコマも撮ったのですが はめ込み合成は不自然そうなので止めました。

彗星の尾が右向きなら良かったけど 無理な注文でした~

090314_c2007n3_b

続いて彗星メインで 2009/3/14  21h04mから5分露光3枚合成

090314_c2007n3_c

こちらは彗星基準の中央値で合成  21h04mから5分露光6枚合成  コードが抜けて3枚目と4枚目のタイムラグが大きくなった為 恒星の列が不揃いになってしまいましたcoldsweats01

彗星はどんどん遠ざかってるので2月の最盛期より随分暗くなり 小型双眼鏡では見つけにくくなってました。

   

2009年3月13日 (金)

いかなご くぎ煮

神戸の姉から春の便り いかなごのくぎ煮 が届きました。美味しい手作りくぎ煮で ご飯がいくらでも進み メタボが心配になる程ですねぇcoldsweats01

Ikanago_kugini

今年は不漁だそうで いかなごは例年より高値らしいですね。海の世界も異変が進んでいるのでしょうか?

異変といえば このところ曇りや雨ばかりで たまに晴れても夜は曇ったりして天文屋には辛い日々が続きますなぁ。衛星画像を見ると ヒマラヤ付近から雲が次々にやって来るようです。ヒマラヤ山脈をガリガリ削り取りたい心境です。神戸お得意の 山を削って島を作ってくれんかなぁ・・・て無茶やね~。ぼやいてないで おとなしく晴れを待ちますかthink

2009年3月 9日 (月)

月撮りに使ってるテレコンバーター

月の撮影では カメラ用テレコンや望遠鏡用のバローレンズ系を使っています。他にペンタックスのアイピース型投影レンズXP24ミリをもっていますが あまり使っていません。

Tcon_rc_k_t6_2x

ペンタックスの古いテレコンバーターです。レンズ構成6枚?の普及型テレコン。

Tcon_teleplus

1.5倍はバーゲンで買ったケンコーの4枚構成?ペンタックスマウントテレコンです。テレコンとキヤノンEOSとはマウントアダプター経由で接続。

Fc60t62xteleplus

FC60(口径60ミリ 焦点距離500ミリ)にテレコン2段重ねで撮った月(RAW+JPG)のJPG画像から無加工等倍で切り出した画像です。テレコンの性能は 高級品を持ってないのでよくわかりませーんcoldsweats01

Pentax_rc

望遠鏡用のバローレンズ系は 左がペンタックスRC2X 右がRC1.4Xで スリーブがペンタックス独自の38ミリです。

Fc60pentax_rc

タカハシ望遠鏡には テープ等で固定すればペンタックスRCが使えます。

Img_9078_cs3_1

フォトショップCS3でRAWファイルを現像中の画像です。白トビ(上の赤いところ)にならない様 白飛び軽減・黒レベル・明るさスライダーを動かして調節している所です。青はレベル0です。

Img_9078_cs3_2

銀塩写真の おおい焼き に相当する処理です。月の欠け際が暗いので 多角形で選択して100ピクセルでぼかし トーンカーブで持ち上げている所です。

この後 レベル調整・シャープ系フィルタ・キャンバスの回転・トリミングなど簡単に仕上げます。

   

2009年3月 4日 (水)

FC60で月撮り 3/4月齢7

夕方 晴れ間が来たので まだ明るいうちに月撮りの準備。衛星画像ではすぐに曇りそうだったので6センチ屈折とデジカメでお手軽撮影しました。105SDHFも用意してたのですが 望遠鏡を出す前にきっちり曇られてしまいました・・よほど日頃の行いが悪いんかねぇ~think

Mn090304_fc60_x3ex_s

2009/3/4  18h38m 露光1/2秒 FC60+2倍テレコン+1.5倍テレコン EOS Kiss DX ISO-100  マークX恒星時追尾 自宅にて

レジスタックス5 β版がリリースされたようなので デジカメ1枚撮りより動画からの方が良いのかな?  

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »