« 1/14日未明の月 その他 | トップページ | マークX赤道儀 赤緯・赤経ウォーム部の入れ替え »

2009年1月16日 (金)

1/16のルーリン彗星(C/2007 N3) 

月明かりの中 ルーリン彗星をR200SSで撮ってみました。でも 低空で気流も悪いのでボケボケ。100SDUFくらいの焦点距離でよかったかも。

C2007n3_090116_05h21m_4x5m

2009/1/16  05h21mから5分露光4枚合成 R200SS+コマコレクター3 EOS REBEL XTi改 ISO-400 旧アトラクス+AGS-1 FC60+QcamS7500 GAGP1オートガイド 阿南市中林町にて

元画像は月明かりでバックが青いので 青レベルを落としました。

C2007n3_tail 

5ピクセルでダスト&スクラッチをかけて星を消すと 彗星の尾が分かりやすくなったかも。尾は右斜め上に弓なりに伸びてるような・・。アンチテールもあって 全体では日本刀のような形やねぇ。彗星のコマが刀の つば 位置に鎮座してますなぁ。

« 1/14日未明の月 その他 | トップページ | マークX赤道儀 赤緯・赤経ウォーム部の入れ替え »

天文」カテゴリの記事

コメント

これから月が小さくなってきますので、
尾がどれくらい写るか楽しみですね。
このまま予想通り明るくなれば、彗星核でガイドができるのではないかと考えています。

ルーリン彗星、核ガイドが容易に出来るくらい明るくなるといいですね。
尾を写すには透明度の良い空も必要かと思うので、雨上がりに期待してしまいます(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/14日未明の月 その他 | トップページ | マークX赤道儀 赤緯・赤経ウォーム部の入れ替え »