« R200SSで月夜の星雲・星団 11/20-21 快晴 | トップページ | R200SSで銀河団に挑戦? »

2008年11月27日 (木)

R200SSでペルセウス座の銀河団 Abell 426

去年 ペルセウス座にいたホームズ彗星を撮ったとき 銀河がいろいろ写って面白かったので 自宅からペルセウス座銀河団をR200SSで撮ってみました。薄雲が時々通過して透明度がもひとつなので 空が明るい自宅からは辛い対象で 画像をこねくりまわしてやっと銀河の団体さんが浮かび上がってきました。

Abell_426_081127_0h39m_9x10m_r200ss

2008/11/27  0h39mから10分露光9枚合成 ビクセンR200SS+コマコレクター3 EOS REBEL XTi改 ISO-800 ビクセン旧アトラクス+AGS-1  FC60+Qcam GAGP1ガイド トリミング

銀河団までの距離は2億3千万光年らしいですね。地球に恐竜が現れた頃の光かな? 

前回 GAGP1のガイドで修正回数が多かったので パラメータの蓄積を2から3に変えたら 星のふらつきが平均化されたのか修正回数が減りました。GAGP1は雲とかでガイド星を見失っても ガイド星を探して望遠鏡があっち向いてホイ状態にならないので 安心して仮眠できまするhappy01

Abel_426_org

こちらはトリミング無しの元画像です。カメラの液晶画面では真っ白に近く 飽和したかと一瞬思いましたcoldsweats01。後の処理が大変なので やっぱ暗い空の場所まで遠征して撮り直してみたいもんやね~

コマコレクター3は 周辺の星像がコマコレクター2より大きいような気がやはりしてます。ゴーストの心配ない領域は コマコレ2で撮ったほうがいいのかな~?

« R200SSで月夜の星雲・星団 11/20-21 快晴 | トップページ | R200SSで銀河団に挑戦? »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R200SSで月夜の星雲・星団 11/20-21 快晴 | トップページ | R200SSで銀河団に挑戦? »