« R200SSでペルセウス座の銀河団 Abell 426 | トップページ | 初冬の星空 »

2008年11月29日 (土)

R200SSで銀河団に挑戦?

29日未明は久しぶりに透明度の良い空になったので 深宇宙な銀河団を撮ってみました。といっても 天の川も見えない自宅からですが R200SSと1時間にも足りない総露光時間でも19等の銀河が写り 銀塩写真では考えられない機材の進化を感じました。

Kanizagingadan_081129_04h36m_r200ss

081129  04h36mから8分露光5枚と5分露光2枚合成 R200SS+コマコレクター3 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+AGS-1  FC60+Qcam GAGP1ガイド

今回 バックのムラムラを少なくするため 1枚撮影しては赤経・赤緯微動を少し動かしては次の画像を撮るという作業を繰り返しました。星を特定のピクセルに固定するより 別のピクセルに移動した物をコンポジットする方がバックのノイズが減るのが経験的に分かってたので・・

Kanizagingadan

トリミング画像に銀河名を調べて記入してみました。よく見ると 番号を入れてない暗い銀河がまだまだ写っていそうですね。ずいぶん暗い天体が小さい望遠鏡でも写るのにびっくりです。

かに座銀河団は 前回写したペルセウス座銀河団と同じような距離のようですが それにしても小さい銀河が多いですね。画面で最大の銀河でも2分角しかなく ほとんどが1分未満と小さいので 淡く広がった銀河より暗さの割に写りやすいのかも。

Ngc2261_081129_03h08m_r200ss   

銀河団の前に撮った ハッブルの変光星雲です。短焦点にしてはまずまずの写りかも。081129  03h08mから5分露光8枚合成 R200SS以下同じ機材です。

長時間露光の写真は暗い天体が写ってそれなりに面白いですが・・・大口径の望遠鏡で生の天体を見る迫力には到底及びませんねぇ。大口径望遠鏡眼視の世界を知ると 写真を撮るのがアホらしくなります。それほどの迫力です。日本各地にメートル級の公開望遠鏡があるので いい環境にある大望遠鏡をのぞいてみることを是非おすすめします。良い空の下で眺めた大望遠鏡の世界は びっくり仰天してひっくり返ること請け合いですよ~happy01

« R200SSでペルセウス座の銀河団 Abell 426 | トップページ | 初冬の星空 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R200SSでペルセウス座の銀河団 Abell 426 | トップページ | 初冬の星空 »