« 1995年の木星 月 | トップページ | ヘールボップ彗星の核付近 »

2008年11月13日 (木)

Qcam S7500改の色むら軽減テスト

レンズ外したQcamの色むらを簡易フラットで軽減してみました。

Picture_1071_org

少し色強めでも すごい色むらですが

Qcam_s7500_flat_s

ピンぼけ月の簡易フラットを使うと

Picture_1071_flat

だいぶマシな色になりました。ちゃんとしたフラット画像で処理したら実用になるかも。

2008/11/13の満月です ペンタックス75EDHF + Qcam S7500

続いて明け方の土星をミューロン180とQcam S7500で今シーズン初撮り後 レジスタックスで処理

St20081113_5h23m

Qcamでは強拡大できませーん。感度低いのかなぁ? ビデオカメラのほうがマシかも。

2008/11/13  05h23m  タカハシ μ180 + Qcam S7500 オートで動画30秒 五藤マークX

« 1995年の木星 月 | トップページ | ヘールボップ彗星の核付近 »

天文」カテゴリの記事

コメント

Qcam画像はかなりの色むらですね。
私はまだまともに撮っていませんが、
天気が続けば撮影してみようと思っています。
しかしこの色むらは困りますね。
CMOSの問題なのでしょうか。考えてみたら
普通に撮影もしていなかった(^^;

hideさん、コメントありがとうございます。
Qcamですが、レンズを外す前に撮った動画や
静止画の色むらは気がつきません。
Webカメラとしてまっとうな使い方なら問題なしかも(^^;

改造した場合、月や木星など明るい天体ならなんとか使えるかもという印象です。

すばらしい写真です、感動しました。私もこういう写真を撮りたくなりました。改造のやり方ですが、レンズをはずしてからどのようにするのでしょうか。
初めてのメールで質問するのは失礼かとは思いましたが、ご教授くださいませ。
P。S私も還暦すぎのじじいです。

ksato4077さん、コメントありがとうございます。
おお!同世代なんですね。じじいでもお互い頑張りましょうm(_ _)m

ウェブカメラの改造は、ネット検索して見つけた http://www.geocities.jp/astrokn/qcam.htm
を参考にしました。
自分の場合は当時、アメリカンサイズのスリーブは持っていなかったので、24.5ミリスリーブをエポキシ樹脂接着剤で貼り付けました。光軸が狂わないように貼り付けるのが難しそうですが、自分の場合は大体の見当で貼り付けてしまいました(^_^;

ウェブカメラの筐体を使わず、別途用意した四角いケースに組み込む人もあるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1995年の木星 月 | トップページ | ヘールボップ彗星の核付近 »