« ヘールボップ彗星の核付近 | トップページ | R200SS用コマコレクター2 VS コマコレクター3 »

2008年11月17日 (月)

11/17日の月

16日は雲の切れ目から比較的落ち着いた気流の月が見えていました。日付が変わって天気回復したので 月をμ180とファミスコ60Sで撮ってみました。

Mn20081117_03h27m_180

ミューロンで見た月は 前日より気流が悪化してゆらゆらでした。で 撮った静止画は全てボケボケだったので 15フレーム/秒で15秒撮った動画から70フレーム程をレジスタックスで3点アライメント処理したら 少しは見られる画像になったかも。

2008/11/17  03h27m μ180 + Qcam S7500  マークX  自宅にて

月の全体像は 久しぶりにファミスコ60Sの出番です。高倍率?では星がおむすび型に見えて高性能でないけど 付属の正立ミラーと中倍率で鳥見やTマウント直焦点撮影もできる多機能さは おもちゃメーカーならではの斬新な発想でしたね。

20081117_04h10m_famisco60s

2008/11/17  04h10m  トミーファミスコ60S + 2倍テレコン(合成f800mm) + EOS KissDX ISO-100 1/40秒 10コマコンポジット

« ヘールボップ彗星の核付近 | トップページ | R200SS用コマコレクター2 VS コマコレクター3 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘールボップ彗星の核付近 | トップページ | R200SS用コマコレクター2 VS コマコレクター3 »