« GAGP1とQcam S7500でオートガイド練習 | トップページ | 剣山系の展望台 白髪山へ  11月2日晴れ »

2008年10月31日 (金)

GAGP1でR200SSをオートガイド

31日 薄雲で透明度が悪い空でしたが GAGP1と五藤マークXでオートガイド試写してみました。

R200ss_on_mark_x

ガイド鏡とR200SS鏡筒の搭載は 小型赤道儀には荷が重そうですぅ。バランスウェイトだけで11㎏ほどもあり 過積載もええとこかも~。頑張れ! マークX。

Gagp1_on

ガイド中の画面です。±1ピクセルで追尾してるようで なかなか快調です。GAGP1は いきなりガイドしてくれるので キャリブレートに手間取るビットランBJ32LやビクセンAGA-1よりお手軽です。ガイド星を探す必要はありますが キャリブレートに失敗して前に進まないより安心感あります。

Gagp1_off

オートガイド無しでは マークXは±5ピクセル程のピリオディックモーションがあるようです。振幅は20秒くらいかな? 気流の影響で赤緯側も少し乱れてるようですね。

081031_02h38m_m45_4x5m_r200ss   

5分露光で8枚のうち 薄雲で星が滲んでボツが4枚。残りをコンポジットした画像がこれです。透明度が悪く 3等星までしか肉眼で見えないのでパッとしませんが ガイドは無難にこなせてるかも。

071018_r200ss_m45_old

ちなみに去年 主鏡に絞りを付ける前に撮った画像がこれ。主鏡押さえの影が明るい星に出て見苦しいです。おまけに 虹のようなハレーションまで出てます~coldsweats01

081031_04h43m_m35_2x5m_r200ss

M45の後 薄雲越しに撮った5分2枚でのM35です。雲でガイド星を見失う寸前でしたが なんとか星は点になってます。

« GAGP1とQcam S7500でオートガイド練習 | トップページ | 剣山系の展望台 白髪山へ  11月2日晴れ »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GAGP1とQcam S7500でオートガイド練習 | トップページ | 剣山系の展望台 白髪山へ  11月2日晴れ »