« ミューロン180とQcam S7500で月撮り | トップページ | GAGP1でR200SSをオートガイド »

2008年10月29日 (水)

GAGP1とQcam S7500でオートガイド練習

我楽苦多工房さんのGAGP1オートガイダーを組み立てたので マークX赤道儀で早速ガイド練習してみました。

Gagp1_1

これがUSB-IOとユニバーサル基盤で作ったインターフェイスです。配線がぐちゃぐちゃになってしまいました。味噌でも入ってた入れ物に収めましたが ちと深すぎるので納豆の入れ物で下駄履かせてますcoldsweats01

Gagp1_2 

フタをしてLEDを点灯させたところです。緑が赤経 赤が赤緯。

Uds4

マークXのモータードライブはK-ASTECさんのUDS-4セットを使っています。ガイド望遠鏡はFC60(焦点距離500ミリ)です。

Gagp1_3

GAGP1ガイド中の画面です。曇りがちな天気で ガイド星のアルビレオを丁度見失った所です。雲で北極星が見えないので極軸ずれが数度はあり ガイドしなければ数分で画面からガイド星が出ていってしまう勢いですが GAGP1はおおむね±1ピクセルでオートガイドしてくれました。自分のマークXは長年の酷使でガタが多々あるので 最初は大きくハンチングしてましたが 10分程で画面のようなガイド具合に収まりました。

ガイド鏡にFC60は贅沢なので 中古アクロマートや手作りキットとGAGP1やQcam S7500を組み合わせたら 1万円以内でガイドシステムが出来るかも。いや~ すごい時代になったもんです。

« ミューロン180とQcam S7500で月撮り | トップページ | GAGP1でR200SSをオートガイド »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミューロン180とQcam S7500で月撮り | トップページ | GAGP1でR200SSをオートガイド »