« フォトショップ VS ステライメージ | トップページ | 月夜の惑星状星雲 »

2008年9月 9日 (火)

旧アトラクスでノータッチガイド

週明けから晴天です。でも月の入りが遅いので自宅でお気楽ノータッチガイドで星団を撮ってみました。レンズは手の平サイズのタムロン350mmF5.6ミラー望遠レンズです。赤道儀を極軸望遠鏡でおおざっぱに極軸合わせした後 75EDHF望遠鏡のガイドアイピースから星がずれない様に30分ほどかかって極軸を微調整した後 望遠鏡と平行してレンズを付けました。アトラクスに小型望遠では軽すぎてバランス合わないので 75EDHFはウェイト代わりです。

後は自動導入とノータッチガイドですから気楽なもんですが 霞がかかったような空で3等星が肉眼で見えたり見えなかったり。結果 写真写りはさっぱりでした。でも赤道儀の追尾精度の高さは再確認出来ました。

ノータッチガイドでもほとんど星は流れないのですが コード類にテンションがかかる向きでは コードに引っ張られた為か流れが目立ちました。だらり垂れ下がったコード類は不可ですなぁ。

M39_sp350mmf56_4x5m

はくちょう座の散開星団M39です。2008/9/9  0h59mから5分露光4枚合成 タムロン350mmF5.6 EOS DIGITAL REBEL Xti改 ISO800  旧アトラクス ノータッチガイド 自宅にて

M52_sp350mmf56_4x5m

カシオペヤ座のM52付近です。近くに赤い星雲もあるけど モヤっぽい空では写りさっぱり。2008/9/9  2h11mから5分露光4枚合成

Sp350mmf56_2x5m 

おなじみ ペルセウス座の二重星団です。望遠鏡を反転したのでコードにテンションかかって2枚流れましたcoldsweats01 2008/9/9  3h05mから5分露光2枚合成  トリミング無し

Tamron_sp350mm

等倍切り出し画像を貼り付けてみました。光軸がずれてるのか右下の星像が特に崩れてます。でも 新品時4万ほどの安い超小型望遠にしてはなかなかのものかも。ただ 周辺減光は大きく ピント合わせも非常に微妙なのでご注意を。

« フォトショップ VS ステライメージ | トップページ | 月夜の惑星状星雲 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フォトショップ VS ステライメージ | トップページ | 月夜の惑星状星雲 »