« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

初めての まともな望遠鏡

Eikow_sth155

約40年前の写真です。望遠鏡はエイコー製の主鏡径9センチ 焦点距離840ミリの反射式です。上下微動のみの経緯台ですが 無謀にもこれに標準レンズ付きカメラをくくりつけ 1970年のベネット彗星などをガイド撮影しました。当然 写野が回転した写真が撮れましたが 固定撮影より暗い星が写って嬉しかったもんです。

左後方の黒い物は現像タンクで 当時使っていたフジのSSSフィルムをパンドールやコニドールスーパーで増感現像していました。

左手前の縦長の箱は引伸機で アルミと木の手作りです。ランプは引伸機用ではなく普通の電球で レンズはカメラレンズの流用という粗末なものでした。フィルムキャリアが普通のガラス板なので ニュートンリングに悩まされたものでした。

いやー 定着液や停止液の臭いが懐かしいですなぁ。

Sth155_junk

物置に放り込んでいた主鏡とファインダーを引っ張り出して撮ってみました。鏡面のアルミはサビサビですねぇcoldsweats01

ファインダーは口径15ミリの5倍という小さなもので 3センチもあろうものなら大口径ファインダーという時代でしたー

2008年6月22日 (日)

百武彗星

Hyakutake_1996b2_2

1996年の空を駆け抜けた百武彗星です。不精者なので撮影データ行方不明ですが 3月下旬 北斗七星を突き抜け 百武100度と言われた頃の勇姿です。ペンタックス6X7に標準レンズでコメットトラッキング撮影だったと思います。

いやー 大彗星を見るってホンマ不思議な気分ですねぇ。初めて見た彗星は1965年当時 近くの紡績工場に早朝勤めていた母から聞いて早起きして見た池谷・関彗星で あまり明るくはないものの ほうき星がぴったりの姿でした。母からは地面が明るく照らされる大火球の話も聞いたりしてうらやましく思ったものでした。自分が天文にのめりこんだのは 2年前他界した母の影響だったのかもしれませんねぇ。

ガラクタ双眼鏡

Garakuta_1

キヤノン双眼鏡 15x45 IS のなれの果てですcoldsweats01 左は45ミリ対物レンズ 中は接眼レンズ 右は手振れ防止の心臓部のバリアングルプリズム部です。

主に鳥見用に使ってたんですが 星に使っても手持ちで土星の輪が確認出来たりして なかなかの見え味でした。でも防水仕様で無いので10年程使っているうちに2回 内部の光学系が曇ってしまいました。で 1回目は2万円程で修理出来たのですが 2回目は修理見積もりが8万円と言われたので修理を諦めて分解してしまいましたcoldsweats01

対物レンズはED系なのですが プリズムやフラットナーなどと組み合わせて収差補正するのか 単独ではシャープな撮影レンズにはなりませーんbearing 接眼レンズは望遠鏡用双眼装置に付けたら面白そうですが双眼装置は持って無いので宝の持ち腐れですcoldsweats01 バリアングルプリズム部はスピーカのボイスコイルの様な駆動部が付いていて うまく制御出来たらAO8の様な高速オートガイダーになると思いますが 自分はそんな技術ありませーんbearing

やっぱり 自分にはガラクタですなぁcoldsweats01    

 

2008年6月 8日 (日)

大野城山(阿南市上大野町)

4億2千万年前の花崗質岩の山へ  6月7日 薄曇り

Oono_shiroyama_1

阿南西部公園から見た大野城山 標高146m。那賀川の岸から立ち上がってます。

Oono_shiroyama_2

阿南養護学校脇の参道から歩き始めます

Oono_shiroyama_3

しばらく歩いて分岐点を左に曲がります。正面の鳥居前の石柱には県道南島大井線と書かれてます。普通車一台通れる幅なので旧道かな?

Oono_shiroyama_4

中腹はミカン類の畑

Oono_shiroyama_5

山頂間近の石碑 現天皇の御成婚を祝った植樹のようです。なんの木を植えたのかな? 参道沿いの桜並木かなぁ?

Oono_shiroyama_6    

山頂の神社に到着しました。

Oono_shiroyama_7

神社裏から見た那賀川 今年は雨が多いので濁ってます。山頂には風化した岩がありましたが これが4億2千万年前の岩? 

 

2008年6月 6日 (金)

古~いカメラレンズ

Smc_takmar_lens

SMCタクマーレンズ達です。左から24mmF3.5  55mmF1.8  105mmF2.8  15mmF3.5。マウントアダプター経由でキヤノンカメラにも付けられます。

左のカメラは初めて買った一眼レフ アサヒペンタックスSPFで 露出計は電池も無いので使えませんが シャッターやミラーは未だに動きます。大昔のカメラはファインダーが暗く ごく明るい星しか見えなくて苦労しましたなぁ。今はフィルムを入れて使うことも無くなりましたが 貧乏性なので捨てられません。

初めての一眼レフカメラは 親に買ってもらったミランダFVですが 今は壊れて影も形もありませんねぇ。

 

2008年6月 3日 (火)

別府峡での星々 その3

別府峡での画像 最後は夏の天の川です。レンズは大昔に買ったペンタックスのスクリューマウントレンズ 15mmF3.5です。貧乏なので最新機材はなかなか買えませんが 昔の機材でも四国の良い空のおかげでなんとか使えます。

Ginga_s

天の川中心部です。画面左の輝星は木星 左下の黒い影は山影です。

2008/5/4  02h09mから10分露光4枚合成 ペンタックスSMCタクマー15mmF3.5開放 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス ノータッチガイド

Ginga_n

夏の三角形付近です。川の右に織り姫星 左に彦星が輝いてますなぁ。

2008/5/4  02h54mから10分露光4枚合成 ペンタックスSMCタクマー15mmF3.5開放 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス ノータッチガイド

Ginga_ns

おまけ画像は2コマをつないだパノラマ天の川です。川に沿って赤い星雲などが並んでいます。

Befkyo_s

撮影地から南です。他の三方は20度程 山に視界が遮られますが 南のみ低空まで開けています。

Befkyo_n

撮影地から北の様子です。遠くの山並みは剣山から三嶺にいたる縦走路になっています。

このあたりは貴重なクマのテリトリーと思われるので 撮影中はラジオを鳴らし 撮影に邪魔にならない程度のLEDライトを車の屋根に置いて 野生動物との遭遇を避けました。

 

2008年6月 2日 (月)

別府峡での星々 その2

乙女座の銀河群 マルカリアンの銀河鎖も撮ってみました。露光不足で写り悪いですなぁcoldsweats01

100sduf

2008/5/3  23h39mから10分露光3枚合成 ペンタックス100SDUF  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス ノータッチガイド

次はお徳用レンズEF50ミリでの さそり座頭部付近です。日付が替わって空の透明度が良くなったのか まずまずの写りです。肉眼では無彩色でも 写真で強調したら実にカラフルな領域ですねぇ。

Ef50mmf28

2003/5/4  01h10mから10分露光4枚合成 EF50mmF1.8 Ⅱ絞りF2.8  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス ノータッチガイド 別府峡にて

 

 

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »