« R200SSの主鏡絞り | トップページ | 3/29 近所の桜 »

2008年3月23日 (日)

不遇な機材

を使って土星を撮ってみました。

ミューロン180は 気流が良ければすばらしい切れ味の惑星や月面を見せてくれるんですが なかなか良い日が無くて出番が来ません。BJ32Lは 天体カメラとしてが本来の使い方ですが オマケ機能?のオートガイダーとしか最近は使っていません。あまりに不遇な日々を送っている機材で数年ぶりに撮像してみました。

080322_23h32m_8x01s_m180_or12_bj32l

2008/3/22 23h32m  μ180 + Or12mm + BJ32L 2x2ビニング 8x 1/10s

天気下り坂なのでまずまず見えるかと思ったら 土星はゆらゆらと落ち着いてなくてボケボケ画像になってしまいました。WEBカメラ等 動画なら少しはマシなのかな?

この後R200SSで撮ってμ180と比べるつもりでしたが ゆらゆらボワボワがひどくなったので止めました。

« R200SSの主鏡絞り | トップページ | 3/29 近所の桜 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R200SSの主鏡絞り | トップページ | 3/29 近所の桜 »