« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

3/29 近所の桜

Sakura_1

正福寺山では まだ蕾がいっぱい

Sakura_2

日当たり良好 お寺の前は5~6分咲

2008年3月23日 (日)

不遇な機材

を使って土星を撮ってみました。

ミューロン180は 気流が良ければすばらしい切れ味の惑星や月面を見せてくれるんですが なかなか良い日が無くて出番が来ません。BJ32Lは 天体カメラとしてが本来の使い方ですが オマケ機能?のオートガイダーとしか最近は使っていません。あまりに不遇な日々を送っている機材で数年ぶりに撮像してみました。

080322_23h32m_8x01s_m180_or12_bj32l

2008/3/22 23h32m  μ180 + Or12mm + BJ32L 2x2ビニング 8x 1/10s

天気下り坂なのでまずまず見えるかと思ったら 土星はゆらゆらと落ち着いてなくてボケボケ画像になってしまいました。WEBカメラ等 動画なら少しはマシなのかな?

この後R200SSで撮ってμ180と比べるつもりでしたが ゆらゆらボワボワがひどくなったので止めました。

2008年3月16日 (日)

R200SSの主鏡絞り

輝星に主鏡押さえの影が出る対策をしてみました。

Sibori_1

プラスチックの薄い板で内径194ミリのドーナツ板を作り 主鏡押さえと一緒に取り付けました。ぺらぺらなので工作が簡単。主鏡の最外周は鏡面精度が若干落ちてるような気がするので 見え味の改善にも期待してるんですが・・

Sibori_2

ドーナツ板が垂れて鏡に触らないよう キャンプ用銀マットの切れ端を鏡の側面に貼ってます。

Sibori_4

対策前は輝星に3本の黒スジが出てました。

Sibori_3

対策後は黒スジは無くなった気が・・

M3_r200ss_8x5min

対策後のファーストライトは りょうけん座の球状星団M3です。

2008/3/16 03:55から5分露光8枚合成  ビクセンR200SS+コマコレクタ2  EOS REBEL XTi改 ISO-800   旧アトラクス+ FC60+BJ32Lオートガイド 自宅にて

2008年3月13日 (木)

月齢5  

3月12日の月です。空がどんよりして明るい星しか見えていませんが 望遠鏡低倍率では月が綺麗に見えていました。

Mn080312ln6e

ピント合わせ不足か 気流で細かい揺れがあった為か 少しぼやけた月しか撮れませんでした。

2008/3/12  19:33   露光1/8秒  LN6E(D150mm f1300mm)+1.5倍テレプラス  EOS KissDX  ISO-400 自宅にて

2008年3月12日 (水)

撮り直し エスキモー星雲

春霞で自宅から3等星が見えにくいものの星の瞬きが小さく 天体の細部写りそうな気がしたので前回失敗したエスキモー星雲を撮り直してみました。

Ngc2392

ビクセンR200SS+専用エクステンダで合成焦点1500mmのトリミング無し画像です。周辺の星が放射状に流れてますが 左右非対称なので光軸がずれてるようですね。ダーク・フラット無しなので周辺減光やゴミの影が写ってます。

Ngc2392_s

こちらは等倍トリミング。前回は露光オーバーで失敗 今回は露光アンダーです。きっちり返り討ちにあってしまいましたcoldsweats01

2008/3/11  23:12から90秒露光4枚合成 R200SS+エクステンダー  EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+FC60+BJ32Lオートガイド 自宅にて 

2008年3月10日 (月)

薄雲越しのホームズ彗星

このところ 昼は晴れでも夜曇りの日が多いような気がします。8日は上天気になりそうで牟岐町の南阿波サンラインに行ってきたのですが 薄雲や春霞にやられてやはり駄目でした。

17p080308

2008/3/8  19:41から5分露光4枚合成 タムロンSP180mmF2.5開放 EOS REBEL XTi改 ISO-800  五藤光学マークX ノータッチガイド

南西の回転サーチライトのビームが 西に傾いたホームズ彗星の方向まで照らしてます。撮影地の選択を間違えたかも。

2008年3月 2日 (日)

マークXとスカイメモRの追尾精度測定

天体写真撮影に使ってる赤道儀の精度を計ってみました。機械に当たり外れはつきものですが 外れクジ引き名人 自分の機材はどうでしょう。

据え付けた赤道儀の極軸を西に1度余りずらし ウォームギア約2周期分の露光で しし座β星デネボラを撮りました。写真はピクセル等倍で切り出してます。下画像は極軸ずらし過ぎかも

Markx_pm

撮影鏡のタカハシFC60に2倍テレコンバータ付のEOS KissDXで焦点距離1000ミリ 1ピクセル1.17″です。星の軌跡が下から上にギザギザ線で写ります。大きさ比較用に 同光学系で撮った土星を貼り付けてみました。土星の環は横45″。結果はごらんの通り意外にがんばってます。いつもは±20秒以上なんですが 今日は何故かよい子になってるようです??いつもより東側を重くしたバランスのせい??これなら中望遠レンズまで使えるかも。

Skymemor_pm

スカイメモはいつも通りでした。標準レンズ以下で使わないと星が流れそうやね。どうやらハズレ製品をつかんでしまったようです。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »