« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月 6日 (日)

1/5のタットル彗星

動きの速いタットル彗星を止めて写すため 赤道儀のコメットトラッキング機能を使ってみました。久しぶりなので操作をすっかり忘れていて 説明書とにらめっこでした。おまけに スライドプレートの固定ネジの締め付けが甘かったためか 星が直線にならずにギザギザになってしまいました。

8p_080105_21h30m_r200ss_2x10min

2008/1/5  21:30  10分露光2枚合成 ビクセンR200SS+コマコレ2 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス コメットトラッキング

もう一つの彗星のホームズは大きな変化もなさそうだったので撮影せずに 星雲星団を撮りました。焦点距離が800ミリなのでノータッチガイドは無理だろうということで オートガイダーを使ったのですが 望遠鏡まわりは電線だらけでわやくちゃです(^^;

M46_m47_r200ss_2x10min

とも座の二重星団M46とM47です。被写体がはみ出してます。欲張らずに2枚モザイクするべきでした。左のM46に惑星状星雲が重なってますが ずーと上にも小さな赤っぽい天体が写ってますなぁ。惑星状星雲かな?

2008/1/5  23:40  10分露光2枚合成 ビクセンR200SS+コマコレ2 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+ビクセンAGA1オートガイド

Ngc2237r200ss_4x15min

バラ星雲も撮ってみました。春霞のような空だったので星の光が減光して露光不足でした。

2008/1/6  0:29 15分露光4枚合成 機材は上と同じ       

2008年1月 3日 (木)

小惑星 (90) Antinope による恒星食の観測

1月3日の2時42分頃、小惑星 (90) Antinopeとその衛星による11.2等星(TYC 1895-01450-1)の恒星食の観測と星見を いつもの牟岐町サンラインに行ってきました。予報では四国は掩蔽帯から外れているのですが 機材の限界等級の確認を兼ね だめもとで観測しました。

Antiope90_enpei_1

目標の導入画像です。トリミングはしていません。近くに明るい5等星があるので 望遠鏡のファインダーで導入出来ました。緑の矢印の先が隠される恒星です。モータードライブを止めて1分間の流し撮りですが 最初の3秒だけ恒星追尾しています。10センチ望遠鏡の流し撮りで11等星が写っていて なんとか観測可能なことが分かります。

Antiope90_enpei_2

本番画像です。目標付近をトリミングしています。予報どうり目標の星は ご覧のように徳島県牟岐町では減光せず隠されなかったようですね。データは画像に記入 カメラの時刻は1秒以内に合わせてあります。

2008年1月 2日 (水)

津峯神社へ初詣

あけましておめでとうございます。元旦は冬型の天気で上天気でした。で 昼前に津峯神社まで初歩きしてきました。麓から参道を歩いている人は普段なら数人ですが 正月はさすがに数十人の方とすれちがいました。

Tunomine_1

阿波橘駅近くの鳥居をくぐって道なりに進みます

Tunomine_2   

枝垂れ桜幼木の並木道

Tunomine_3

中腹の展望台

Tunomine_4

展望台からの眺め

Tunomine_5

石畳や石段の参道を登ります

Tunomine_6

山頂の神社に着きました

Tunomine_7

屋根には前夜からの雪がうっすら   

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »