« 津峯神社へ初詣 | トップページ | 1/5のタットル彗星 »

2008年1月 3日 (木)

小惑星 (90) Antinope による恒星食の観測

1月3日の2時42分頃、小惑星 (90) Antinopeとその衛星による11.2等星(TYC 1895-01450-1)の恒星食の観測と星見を いつもの牟岐町サンラインに行ってきました。予報では四国は掩蔽帯から外れているのですが 機材の限界等級の確認を兼ね だめもとで観測しました。

Antiope90_enpei_1

目標の導入画像です。トリミングはしていません。近くに明るい5等星があるので 望遠鏡のファインダーで導入出来ました。緑の矢印の先が隠される恒星です。モータードライブを止めて1分間の流し撮りですが 最初の3秒だけ恒星追尾しています。10センチ望遠鏡の流し撮りで11等星が写っていて なんとか観測可能なことが分かります。

Antiope90_enpei_2

本番画像です。目標付近をトリミングしています。予報どうり目標の星は ご覧のように徳島県牟岐町では減光せず隠されなかったようですね。データは画像に記入 カメラの時刻は1秒以内に合わせてあります。

« 津峯神社へ初詣 | トップページ | 1/5のタットル彗星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津峯神社へ初詣 | トップページ | 1/5のタットル彗星 »