« 小惑星 (90) Antinope による恒星食の観測 | トップページ | 鈴ヶ峰(海陽町) »

2008年1月 6日 (日)

1/5のタットル彗星

動きの速いタットル彗星を止めて写すため 赤道儀のコメットトラッキング機能を使ってみました。久しぶりなので操作をすっかり忘れていて 説明書とにらめっこでした。おまけに スライドプレートの固定ネジの締め付けが甘かったためか 星が直線にならずにギザギザになってしまいました。

8p_080105_21h30m_r200ss_2x10min

2008/1/5  21:30  10分露光2枚合成 ビクセンR200SS+コマコレ2 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス コメットトラッキング

もう一つの彗星のホームズは大きな変化もなさそうだったので撮影せずに 星雲星団を撮りました。焦点距離が800ミリなのでノータッチガイドは無理だろうということで オートガイダーを使ったのですが 望遠鏡まわりは電線だらけでわやくちゃです(^^;

M46_m47_r200ss_2x10min

とも座の二重星団M46とM47です。被写体がはみ出してます。欲張らずに2枚モザイクするべきでした。左のM46に惑星状星雲が重なってますが ずーと上にも小さな赤っぽい天体が写ってますなぁ。惑星状星雲かな?

2008/1/5  23:40  10分露光2枚合成 ビクセンR200SS+コマコレ2 EOS REBEL XTi改 ISO-800  旧アトラクス+ビクセンAGA1オートガイド

Ngc2237r200ss_4x15min

バラ星雲も撮ってみました。春霞のような空だったので星の光が減光して露光不足でした。

2008/1/6  0:29 15分露光4枚合成 機材は上と同じ       

« 小惑星 (90) Antinope による恒星食の観測 | トップページ | 鈴ヶ峰(海陽町) »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小惑星 (90) Antinope による恒星食の観測 | トップページ | 鈴ヶ峰(海陽町) »